【500円】2月22日:劇団四季の俳優から事務局員へ…!?
今回、ダイバーシティ委員会、広報委員会、青年部会の合同例会を開催します。報告者はそれぞれの委員会、部会を担当する事務局の山本氏です。同氏は事務局入局前は劇団四季で舞台にたっていたという異色の経歴の持ち主。同友会事務局へは2008 年に入り、現在9 年目を迎えています。今回の報告では、事務局入局前の話から、入局後に感じた事、そして、事務局員からみた良い会社、悪い会社、そして、各委員会、部会への想いについても存分に語って頂きます。滅多にない事務局の報告です。是非、ご参加下さい!!
詳細・お問合せ
【4,000円】12月13日:隣の人は何する人ぞ!?ビジネスチャンスをどんどん広げよう
今年最後のダイバーシティ委員会例会は、「PRしたい人集まれ!!ダイバーシティ委員会大忘年例会」と題して、各企業、法人の皆様から、自社での取組み、事業について存分にPRをして頂く企画です。ビジネスチャンスを広げたい人、多くの方 と交流を深めたい方等、自社を知って頂くチャンスです!師走のお忙しい時期とは存じますが、是非、多くの方にご参加頂ければ幸いです。皆様からのお申込、お待ちしております。
詳細・お問合せ
【500円】10月31日:あなたの会社は10年後、存続していますか!?
「ダイバーシティ」「多様な人材の確保」という言葉や理念はわかっていても、具体的なイメージがつかめなければ、自社で取り組むには距離を感じてしまうのは当然のことです。今回のフォーラムでは、89歳の介護ヘルパー、複数の障害者、履歴の空白期間が長い若者、児童養護施設出身の方などを実際に雇用している経営者から、雇用の経緯、考え方、雇用し続けるための工夫、成果、課題など生の声をお話し頂きます。このフォーラムに参加頂ければ、自社でも雇用したいと必ず思うはずです!是非、お知り合いの経営者の方をお誘い合わせ頂きご参加ください。皆様からのお申込、お待ちしております。
詳細・お問合せ
【3,000円】8月30日:行列が出来るレストランはここが違う!?
第 3 回ダイバーシティ委員会例会は、同友会会員の社会福祉法人開く会が運営している「ファールニエンテ」の見学会を実施します。ファールニエンテはパンの製造販売、ピザとパスタを中心とした料理の提供を行う農園を併設したレストラン型福祉施設(就労継続支援A/B型事業)です。農園から採ったばかりの野菜とプロが調理する料理が評判を呼び、週末はウェイトの長い列ができるほど人気のお店で、障害のある方が沢山働いています。『提供する商品の質で勝負する。福祉を売りにも言い訳にもしない。』誰もが目指す福祉の形を如何にして実現しているのか。現場の見学、そして、実際の経営について施設長の萩原さんからその実践をお話し頂きます。噂のピザとおいしいワインを頂くとっても楽しい懇親会付き見学会になります。是非多くの方のご参加をお待ちしております。
詳細・お問合せ
【500円】6月29日:人材不足…?ここには貴重な人材が沢山います!!
第2回ダイバーシティ委員会例会は、(株)フェアスタートの永岡社長にご報告頂きます。元リクルートの営業から脱サラし、2011年に児童養護施設の子供たち、若者の就労支援事業をスタート。現在、5期目を向かえています。本例会では、永岡氏の事業の取組みや課題は勿論ですが、児童養護施設の現状を施設職員の方から、そして、児童養護施設出身者の若者から当時を振返り、今、社会に出て何を感じているのか等、率直にお話し頂きます。人材不足と言われている中、働きたい若者は沢山います。ただ、タイミングや機会に恵まれず、人生を棒に振ってしまう若者も数多くいる現実…私たち企業家、同友会として何ができるのか、皆さんと考え学んでいきたいと思います。
詳細・お問合せ
【500円】5月30日:委員長が語る2016年度のダイバーシティ委員会!!
2016年度の第1回目の例会は、榎本委員長にご登壇頂きます。2016年度から「障害者委員会」から「ダイバーシティ委員会」と名称を変え、よりパワーアップして2016年度の活動を推進していきます。勿論、今まで同様、障害者雇用を広く進めていく活動はしていきますが、本年度はより幅広く社会的弱者、また、若年層等の問題等にも活動の幅を広げていきます。そこで、2008年に活動をスタートしたこの運動の目的・意義、また、故高橋良治氏の遺志を継いで今後何を伝えて、活動していくのか等、今までの活動も振り返りながら、お話し頂く予定です。我らが榎本委員長の熱い報告です、是非、ご参加下さい。
詳細・お問合せ
【500円】3月23日:真の魅力ある商品をつくる為に…
2006年のモデル事業から始まり、厚生労働省では障がい者就労支援施設で働く障がい者の賃金を倍増させようと巨費を投じてきました。その結果はどこも「微増」でした。この結果は問題の奥にあるものを見ていなかったからと私たちは考えています。PDCAを回せとよく聞きましたが、それは当たり前です。専門家の知見をとも聞きましたが、それも当たり前です。この問題の奥には何があるのか、全国調査を2回行い、見えてきたものがありました。この「奥」にこそ、真の魅力ある商品を作るキーワードがありました。今回はこの「奥」について触れながら、テミルプロジェクトの歩みと今後についてお話し頂きます。
詳細・お問合せ
【1,500円】2月23日:マスコミが考える、新しい時代の「障害者雇用」とは?
【講師プロフィール】 1983年毎日新聞入社、津支局、中部報道部(名古屋)を経て92年に東京社会部へ。いじめ、引きこもり、薬害エイズ、児童虐待、障害者虐待などに取り組む。社会部副部長、夕刊編集部長などを経て2009年から論説委員(社会保障担当)。元千葉県障害者差別をなくす研究会座長、社会保障審議会障害者部会委員、内閣府障害者制度改革推進会議差別禁止部会委員、厚労省今後の精神保健のあり方検討会委員など。権利擁護と成年後見の情報誌「Panda−J」編集長。テレ朝の「やじうまテレビ」の水曜日コメンテーター2010年〜2011年。主な著書に「あの夜、君が泣いたわけ」(中央法規)、「条例のある街」(ぶどう社)、「廃墟の中の希望」「なぜ人は虐待するのか」(Sプランニング)、「わかりやすさの本質」(NHK出版)。
詳細・お問合せ
【3,000円】1月28日:人を生かす経営の実践に迫る!?
武樋氏は、高校卒業後、海上自衛隊入隊。その後10回以上の転職を経て、2002年に創業。同社は、現在、高知県内の4店舗でアパート、マンションなどの賃貸仲介及び不動産管理業を展開し、創業以来増収黒字経営を続けています。加盟する全国ネットワークの顧客満足度調査では、3年連続7度の日本一を含め複数のスタッフが毎年上位選出されるほか、3年連続4度目の最優秀店舗賞受賞など、全国トップの顧客満足度を誇ります。2004年に「社員一人一人が主役の会社」を目指した全社員参画による経営指針を確立し、ノルマ無し、歩合無し、命令無しのフラット組織で風通しの良い経営や、コミュニケーションとチームワークの良い企業風土の定着のほか、子育てサポートの充実にも積極的に取り組んでいます。人を生かす経営とは何か、社員が主役の会社とは!?武樋氏の実践から皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。
詳細・お問合せ
【4,000円】12月17日:PRしたい人集まれ!!
今年最後の障害者委員会例会は、「PRしたい人集まれ!!障害者委員会大忘年例会」と題して、各企業、法人の皆様から、自社での取組み、事業について存分にPRをして頂く企画です。ビジネスチャンスを広げたい人、多くの方と交流を深めたい方等、自社を知って頂くチャンスです!師走のお忙しい時期とは存じますが、是非、多くの方にご参加頂ければ幸いです。皆様からのお申込、お待ちしております。
詳細・お問合せ

| 1 | 2 | 3 | 全て表示 | 次へ ≫