”全従業員とその家族皆の幸せを追求すると同時に
人間らしさと情報技術の調和で愛のあふれた社会を実現します”

御社の業務内容、事業領域をお聞かせください!

当社は電子カルテを現場で導入するシステムインテグレーションを主幹業務としています。プログラマーとして病院システムのバックヤードを請け負うだけではなく、電子カルテの操作方法を医師や看護師などの医療スタッフにレクチャーするインストラクション業務も行っており、ハード面だけでなくソフト面でもサービスをワンストップで展開できるところが当社の強みです。

その他、多数の人間が昼夜問わず入れ替わる医療機関の申し送り業務やシフト把握など、人間的なタテヨコの連携を効率的にサポートするグループウェアのdesknet’sや企業向けチャットアプリChatWork、日報共有アプリケーションgamba!の提案販売、現代の情報化社会で最も重要視されている脅威の一つであるセキュリティを強力に守るウィルスバスタークラウドの代理店営業を行っております。
今期からはWEBサイト制作サービスも開始し、医療機関にとどまらずあらゆるお客様に感動を与える「人間らしさ」と「情報技術の調和」で「愛のあふれた社会」の実現を目指しています。

代表者様のプロフィールをお聞かせください!!

はじめは飲食店の店長からスタートしました。多くの人と出会える飲食店は刺激的で魅力にあふれ、店長業は接客の大好きな自分にはピッタリでした。< しかし飲食業は給料が安い。ITが騒がれ始めた頃の2000年初頭、未経験でしたがプログラマーにチャレンジし、必死に独学で技術をマスターして独立しました。最初のころは借金を抱えたり、従業員との信頼関係に躓いたり・・・失敗も多かったですが、今につながるたくさんの経験が、現在の当社の礎になっているのを実感します。

医療現場でのシステム導入は、エンドユーザーのお医者様やスタッフと話す機会がとても多い。こんなシステム使えない!と言われると凹むけど、ありがとうと喜ばれるとめちゃめちゃ嬉しい。褒められるとモチベーションが上がって「もっといいモノ!!」で更に喜んでもらいたくなる。その繰り返しで想いが募っていった中、ITだけだと人間的な繋がりが薄くなっていく感覚もあり・・・また接客業をやりたい!という気持ちが強くなっていた。そこで、飲食店の店舗経営にも業務を展開したんです。現在はITベンチャーのサイバーグリーンシステム(有)と勉強カフェを運営する㈱ヒューマングリッド、二足のわらじで走り回ってます(笑)

では、御社が目指す将来像は!!!

紆余曲折ありましたが、現在サイバーで理念としている「人間らしさと情報技術の調和で愛のあふれた社会を実現する」想いは、僕の中で脈々と受け継がれてきたDNAの一つなんだと思います。過去の経験を未来の成功へ生かす。行動することの大切さを伝える、同じ時代に生きる縁の不思議さと喜びを共有できる。大切にしていることは「ありがとうをつなぐ」。会長が先頭に立って汗をかき、社員がやりがいをもってより豊かな人生を過ごせる会社、多くのお客様や関係する方々が応援してくださる会社を目指しています。

お話を伺って・・・

ITと人間らしさ、一見相反する要素を混在させようという絹川会長の取り組みは、ユニークでありながら困難が伴います。が、お話を伺って、まさに絹川会長の生き様が会社として形を為していることに気づかされました。革新的でパワフル、でも素朴な人間らしさが会長の魅力であり、サイバーグリーンシステムの強みなんですね。今後の活躍に期待しています!