株式会社ロジナス 山本啓一氏

人に宿りし力を紡ぎ 
叡智を求め 
優しさの輪で世界を結ぶ

証券会社からベンチャー企業への転身、仕事の面白さとは・・・

弊社は鎌倉にあるシステム開発の会社です。業務内容はADVマスター※1というスマートフォン向けゲーム制作配信システムを開発・販売しています。また、ライセンス管理ソリューションを開発・販売しているパルティオソフト株式会社という会社の取締役でもあります。

大学卒業後の1991年日興証券に入社し、たまたま情報システム部門に配属されました。証券アナリストの資格もとったりしましたが、証券会社のいわゆるマネーゲームの世界に面白味を感じず、システムエンジニアとしてIBMの子会社に転職します。

しかし、そこでも仕事は・・・正直ものすごくつまらなかったんですよね。そんなとき福島県の郡山市でパルティオソフトと言うベンチャー企業からあるプロジェクトのオファーがきます。これがなかなか面白いアイデアだということで会社がプロジェクトに参加し、私も携わることになりました。
ただ2年たってもそのプロジェクトは芽が出ず、会社はそのプロジェクトから撤退を決めます。ところが私はそのプロジェクトに入ってから仕事が面白くなってきており、そのままパルティオソフト㈱に転職してしまいました。

このプロジェクト開発品はのちにソフト電池※2と言う名称で製品化することになるのですが、なんとリリース前に資金が底をついてしまいました。当時、社長は清算を考えていましたが、ようやく面白くなってきた仕事、なんとかこの製品をリリースさせたいという想いで「報酬無しでもいいのでしばらくやりましょう!」と言いました。
おかげさまで継続することにはなりましたが2年間報酬無し・・・。生活のためソフト電池とは関係ない受託開発を始め、来る話来る話なんでも受けていました。どうにかこうにか飯を食い、石にかじりついて必死にやっていたらだんだんソフト電池のお客さんが増え、利益が出る状態になってきました。そこで、かねてからやりたい事業があるということもあり、2011年株式会社ロジナスを設立しました。

同友会と“経営指針の実践

縁があって中小企業家同友会※3という中小企業家の全国協議会に参加することになるのですが、当時永年一緒にやってきた社員の方と労働争議がありました。
時間もお金も体力も使い果たし、それもこれも自分が適当にやってきたからだと振り返り、同友会の経営指針作成部会という勉強会で人間尊重経営や労使見解を色々学びます。その後、たまたま友人が所有している民家を借り受け、鎌倉市稲村ケ崎に事務所を移します。
3階のテラスからは海に富士山、134号線も見えます。実働8時間、コアタイムは11時から15時、昼休憩自由、柔軟性ある勤務ルール。昼休憩でサーフィンをしたり自転車で江の島へ行き昼を食べたりできる趣味・実益・ワークライフバランスを兼ね備えた、完璧なビジネススタイルです。

ところが、その環境で社員さんのモチベーションが必ずしも上がるかと言うと、なかなかそうは行かないんですよね(笑)仕事中に居眠りしたり、遅刻常習だったり・・・このゴクツブシが!と叫びたくなる気持ちを抑えて、テラスで深呼吸するという毎日がしばらく続きました。

さて、同友会で言うところの“経営指針の実践”とは、“理念やビジョンを社員と共有し、そこへむかって共に行動することで企業変革が進み、顧客や取引先など社会的にも評価され、指針で掲げた企業像に近づく成果が出ている状態”とあるんですが、理念を唱和しただけでは実践ではなく、それにより社内が一つになって生産性があがり信頼関係が構築された状態が成果なんですね。

弊社も実践に向けていろいろ活動しています。自分から挨拶する、感謝や思いやりを言葉にするという行動方針を作り、アクティビティとしてサンクス&グッジョブカードを取り入れ、2週に一度、週次会議の際に発表します。少し照れくさいですが仕組みとして決めてしまえば意外と言えます。
また、障害者実習受け入れを行い、そのプロセスを通して組織を強くするという目的を掲げ実践しました。これは「人との違いを認めて特性を強みにする」という点においてもとても効果があり、社員さんのモチベーションや業務への関わり方に変化が見えました。理念は字面の共有ではなく、共感共鳴までして成果につなげるのが“経営指針の実践”なんですね。

株式会社ロジナス 山本啓一氏

誰もが楽しく、気持ちよく

来期からは知的障害者向けの海外旅行をコーディネートするビジネスを始める予定です。
息子は広汎性発達障害という診断を受けています。妻が旅行業に携わっていたということもありますが、知的障害者もそのご家族も、みんなが笑顔になれるビジネスは素敵だろうなと。実はこれがロジナスを設立した目的でもあります。

お金は大事ですが、お金ばかりを追い求めるのは私の働き方ではないですね。誰もが楽しく、気持ちよく働きたい、そんな会社・環境を目指しています。

株式会社ロジナス 山本啓一氏

お話を伺って・・・

世間一般で良しとされる順調なキャリアから転身し、ご自身の楽しさと仕事を通じて生まれる喜びを追求される山本社長。
様々なご経験を通して磨かれた、山本社長の強さと優しさが周囲に幸せを伝えていると感じます。素敵な“夢”を実現させる山本社長のパワー、期待しています!!

ADVマスター※1 アドベンチャーゲームの制作・配信システム
http://www.advmaster.jp/

ソフト電池※2 Windowsアプリケーション用ライセンス管理ソリューション
http://www.soft-denchi.jp

同友会※3 全国都道府県の中小企業家同友会による協議体。神奈川県中小企業家同友会

株式会社ロジナス
http://www.loginas.co.jp/