■テーマ:必聴!30年の実績!社員の7割は新卒採用

報告者: ㈱タスクフォース 管理部課長 岩谷昌幸氏

開催日:2018年3月6日(火)

会 場:コートホテル新横浜

参加者:26名

横浜支部北地区3月例会は、共同求人委員長である㈱タスクフォースの岩谷氏に報告いただきました。

求人というとどこの媒体を使うかとか、どのツールを使うとか、ノウハウの話がメインになりがちですがこの報告は違ったものでした。

岩谷氏は、共同求人をツールの1つとしてスタートするのですが、共同求人委員、副委員長、委員長と学びを深めていく中で、共同求人とは単なる求人ツールではないことに気付いていきます。始めは、自社の求人担当として参加しながらも、なぜ退職者が続出するのか悩んでいました。自ら欲すれば同友会には答えがある、共同求人委員として活動している内に気付きます。みんな同じことで悩んでいる、みんな色々な方法を試している、理念と共育をベースに。そして、自分が数合わせの為に採用していたことに気付きます。それからは、学生さん達に、自社の理念、社会における役割、仕事のやりがい等を語るようになります。次に、それを語りながら、自社の強みは人であることに気付きます。製品を作るのは人、顧客対応するのも人、人を惹きつけるのも人であることに気付きます。それまでは、自分1人で行っていた新人教育、社員教育体制に疑問が出てきます。新人には自分と2年目、2年目には自分と3年目というように、全社を上げて教育から共育へと変わっていき、共に理念を語り、共に育ち、協力し合う社風を作っていきます。共同求人は、ただの求人ツールではなく、人を活かす総合実践の場である。そして同友会活動と自社の経営は両輪であるということを改めて認識させられた例会でありました。

(文責 津田運輸㈱ 津田賢一)