■テーマ:親を頼れない若者にこだわるワケ ~アウトローな青春時代が生み出したオンリーワンビジネス~

報告者:㈱フェアスタート 代表取締役 永岡鉄平氏(横浜支部/ダイバーシティ副委員長)

会 場:波止場会館

参加者:48名

2018年度の第1回ダイバーシティ委員会例会は、今年度、ダイバーシティ委員会の副委員長に就かれた株式会社フェアスタートの永岡社長に報告いただきました。㈱フェアスタートは、児童養護施設出身の若者の就職支援を行う会社です。社会起業家としても注目される永岡社長は、これまでも様々な形で例会等で報告されています。

しかし今回は「アウトローな青春時代が事業の原点だった」という衝撃の報告でありました。

報告では、起業してから事業が軌道に乗るまでの金銭面の苦労から、事業の原点となったアウトロー時代の経験、そして経験からなぜ今のビジネスが生まれたのか、大変赤裸々に語って頂きました。(アウトロー時代の詳細は割愛。“参加者だけの秘密”です)

最後に永岡社長は言いました。

「生まれた環境や育った環境がハンデにならない社会を作りたい。昔、出合った仲間から、そんなバトンを受け継いだ。これが僕がこの事業にこだわる理由です」

経験から生まれた強く熱い想いと、壁にぶつかりながらも真摯に誠実に取り組む姿勢。その力がオンリーワンビジネス成功のカギだったことを今回の例会で学びました。永岡社長、本当にありがとうございました。

(文責 ㈲川田製作所    川田俊介 小田原支部)