■テーマ:「ダイバーシティ経営入門」~多様な人材の活用で更なる企業発展を!!~ 

報告者:川崎若者就労自立支援センター ブリュッケ センター長 青池昌道氏(たま田園支部)

一般社団法人働くしあわせプロジェクト 代表理事 石田和之氏(相模原支部)

㈱フェアスタート 代表取締役 永岡鉄平氏(横浜港支部)

NPO法人ユースポート横濱 理事長 綿引幸代氏(横浜支部)

㈱スタックス 代表取締役 星野妃世子氏(たま田園支部)

ねこの手メイドサービス 代表 鬼頭麻記子氏(横浜支部)

開催日:2018年7月13日(金)

会 場:麻生市民館

参加者:50名

たま田園支部の7月例会はダイバーシティ委員会との共催で「ダイバーシティ経営入門」と言うテーマで開催されました。冒頭にダイバーシティ委員会から委員会活動の紹介のあとに、ダイバーシティ委員のメンバーからの報告がありました。

私自身も報告者の一人でしたが、青池さんから「強い信念」、永岡さんから「労使に中立。客観的、現実的な話だからこそ信頼が得られる」、綿引さんから「シンプルにポイントを絞って協力を求める」ことを学びました。

質疑応答のあとに後半は実際に雇用されている企業の方からご報告をいただきました。報告者の一人である、ねこの手メイドサービスの鬼頭さんのご報告は恐らく参加者の心を動かす報告だったのではないかと思います。雇用をきっかけに経営者として共育ちをされた体験を短い時間ながら、とてもわかりやすく報告してくださいました。「こんなすごい経営をしているのだ!」ではなく、等身大のお話が「うちもできることからやってみよう」につながる気がしました。また、ダイバーシティ経営はみんなにとって他人事ではないテーマなのだと思います。最後に、ダイバーシティ委員会にとって、支部との共催例会はとても意義のある取り組みだと思いますので、今後も継続していきたいと思います。

文責 一般社団法人働くしあわせプロジェクト  石田和之(相模原支部)