■テーマ:「突然の事業承継!社員の反乱!」~幾多の危機を乗り越え辿り着いた答えとは~

報告者:㈱大成ERC 代表取締役 成瀬有紗氏

開催日:2018年8月27日(月)

会 場:横浜市杉田地区センター

参加者:27名

 

横浜支部例会は、㈱大成ERC 代表取締役 成瀬有紗の報告でした。

成瀬さんは外国人、特に日系ブラジル人やペルー人を中心とした人財を企業へ派遣する会社を経営されています。

最愛の父親の死に伴い、優雅な専業主婦の暮らしを捨て、家族の反対にもかかわらず、多くの問題をかかえる会社を引継ぐことを決意した理由が、幼い頃に父親に手を引かれ会社の竣工式に連れて行ってもらった時の思い出をこのまま失いたくはなかったということや、その大切な場所を借金の返済のためにどうしても売却せざるを得なくなった時の、父親に対する申し訳なさと自分自身への悔しさで一日涙を流し続けた経験は、陸王の池井戸潤さんでも書くことができない講演内容でした。

質疑応答の中で、最初の頃の失敗が経営者としての視野が狭かった理由から起きた反省から、研修に参加したり人脈を広げる努力をしたが、そのことにより外へ出ることが多くなり、社内へ向ける時間が少なくなったことから、幹部の裏切りにも気付くことができなかったという回答は、経営者にとってバランス感覚が重要だということを再度、気付かされました。

(文責 昭和精工㈱ 木田成人)