■テーマ:「魂を揺さぶる生涯忘れない90分」~感動は人を動かす~

開催日:2018年8月24日(金)

会 場:横浜市西公会堂

参加者:500名
講 師:㈱アビリティトレーニング 代表取締役 木下晴弘氏

株式会社アビリティトレーニングの代表取締役木下晴弘氏を横浜に迎え、「魂を揺さぶる生涯忘れない90分」という演題により幕を開けました。
木下さんから、「法則なので、良いも悪いもない。中身については取捨選択をして欲しい」という注意事項の説明があり、いつの間にか聴く姿勢が出来ていたようです。

いよいよ、法則の紹介が始まります。法則は5つありましたが、今回は時間的制約もあり、3つの法則のみとなりました。第一法則は、目的が変われば人生が変わる。第二法則は、人に与えたものは必ず自分に還る。第三法則は、存在承認が幸せへの第一歩。

まず、第一法則を説明する前に、やる気についての解説から。人のやる気には、瞬間的に発生するテンションと持続可能なモチベーションがあり、それを維持することが成功の秘訣。それには何のためにという目的意識が必要なのだと。僕は今まで外発的な動機付けをしてモチベーションを上げようということばかり考えてしまっていたことを顧み、衝撃を受けつつも、木下節にどんどん引き込まれていきました。

次に、目的の重要性について。何のために!で有名な中村文昭氏の言葉は何度も聞いていたのですが、本当の意味でわかっていなかったのかもしれません。何だか自己否定な状態になりつつも、続きが知りたく傾聴していました。

続いて紹介された第二法則ですが、因果応報という熟語がぴったりです。調べたところ仏教用語なので、二千数百年以上も前からの理が現代に続いていることを実感。
最後に紹介された第三法則ですが、完全に成果のみを承認していました。逆でした。木下さんの解説を聞き、とても納得し共感してしまいました。

今回の共育講演会は、本当に魂が揺さぶられました。そのおかげで腑抜けになったと言っても過言ではありません。何度もレジュメとメモを読み返し、心に刻むことにします。残りの法則を含め、来年もう一度聞きたいですね。

【文責:第22回共育講演会実行委員長 株式会社アートプロジェクト 代表取締役 中村暢宏】