テーマ:誰でもできる幸せ経営
~人生の迷いがなくなる3つの秘訣~

  • 報告者:(株)東邦プラン 代表取締役 本多 修氏
  • 開催日:2019年1月23日(水)
  • 会 場:HOTEL PLUMM 横浜
  • 参加者数:86名

(株)東邦プラン 代表取締役 本多 修氏

「幸せな経営」とは何か?

本多さんは言います。「幸せな経営ができるかどうかは、実は自分の気持ち次第であり、その秘訣はとてもシンプルだ」 と。
その言葉どおり、本多さんが考える幸せな経営の秘訣は、実にシンプルでわかりやすく、そして、誰にでも実践できるものでした。

(株)東邦プラン 代表取締役 本多 修氏

【本多式幸せ経営3つの秘訣】

  1. ポジティブであること。
  2. 感謝すること。
  3. 他人と比較しないこと。

1については、年少期に「人は生まれたら必ず死ぬ」ことに気づき、自分の周りに起こる出来事(事実)には意味がなく、その出来事に意味をつける(価値づけをする)のは自分自身であると考えたそうです。そうであれば、明るく・前向きな意味づけにした方が豊かな人生を送れると考え、実践しているそうです。

2については、誰かのお世話によって私達は快適な生活ができる。そのことに感謝し、何が自分として恩返しできるのかを考えようというものでした。

そして、最後の3について話をする際に、本多さんは「ウサギと亀」の話を持ち出し、「なぜ亀は競争に勝ったのか?」と問いかけました。その答えは、「ウサギは亀を見て行動していたけれども、亀はゴールを見て行動していたから」
他人と比較することよりも、自分・自社の進むべき方向に向かって集中し、ブレずに、貫き通すことこそが大切なのだと学ばせていただきました。
全体を通して「自己肯定をすることの大切さ」を学んだすばらしい報告でした。

(文責:堀内れい子社会保険労務士事務所 堀内れい子)

(株)東邦プラン 代表取締役 本多 修氏