テーマ:使命に生き、道を拓け
~役割を全うし、会社、地域、同友会を創る~

  • 報告者:山梨住宅工業(株) 代表取締役 北原正倫氏
        (山梨県中小企業家同友会 代表理事)
  • 開催日:2019年1月31日(木)
  • 会 場:ぽっぽ町田
  • 参加者数:40名

山梨住宅工業㈱ 代表取締役 北原正倫氏

相模原支部 新春例会では、一年のスタートに相応しい山梨県中小企業家同友会の代表理事を務められている山梨住宅工業株式会社の北原社長に「使命に行き、道を拓け」のテーマでご報告頂きました。

先代社長の急逝からの事業承継、そして社長就任後の労働紛争など自社における経験とその中で感じたこと。
また、同友会運動において代表理事を務めるまでの経緯、学びなどを交えた報告は経営者の仕事とは何なのか?同友会運動での学びとは何なのか?を考えさせられる内容となりました。経営者の仕事は、解決方法を教えるのではなく方向性を示すこと、理念を共有することだと北原社長は仰います。

そして会社は社会人の成長する場であり、社員を成長させ会社も成長させることが経営者の使命であるという明確な考えもお持ちです。同友会運動では、場(役)を与えられる有難さ、仕組みづくりの大切さ、正しい人脈つくりなど複数の要素を重要視されており、改めて自社の経営と同友会運動は両輪であると感じさせられました。

立場、役割、そして経営者の姿勢をどう考え、行動に移していくか考えさせられる新春に相応しい例会となりました。北原社長、本当にありがとうございます。

(文責:(株)CFP 本庄浩義)