テーマ:「ダイヤモンドの原石を見つけて磨く」
~製造業パート事務員から社長へ~

  • 報告者:(株)開明製作所 代表取締役 梅田八寿子氏
  • 開催日:2019年2月20日(水)
  • 会 場:横浜市健康福祉総合センター
  • 参加者数:39名

(株)開明製作所 代表取締役 梅田八寿子氏

 ㈱開明製作所の梅田社長にご報告頂きました。梅田社長は、出産、子育てに奔走されながらも、「○○ちゃんのお母さん」ではなく「“1人称”として社会に出て働きたい!」という思いを持っていました。しかし、就職活動の不合格が続き、当時は自信喪失状態だったとか。

 ㈱開明製作所にはパート事務員として入社されます。入社3ヶ月後に先代社長(故石館治良氏)に生産管理システムを発案したところ、「やっていいよ」と言われて「認められた」と感じたそうです。その後の梅田社長は、まさに水を得た魚の如く、寝食を忘れて働きます。家族の度重なる病気や人間関係から体調を崩し入院するなど、社長になるまでの道は決して平坦だったわけではありません。それでも、どんな時でも常に前向きに進んでいく梅田社長の姿勢に強い感銘を受けました。

 最後に、従業員の磨き方、従業員を“スパーク”させる方法をお話頂きました。自己肯定感につながる働き方を後押しすることや思い込みをなくすことなど、女性のみならず全ての従業員についてあてはまる考え方だと思いました。梅田社長の魅力が溢れる素晴らしいご報告でした

(文責:LM総合法律事務所 國澤絵里)

(株)開明製作所 代表取締役 梅田八寿子氏