テーマ:「身の丈に合わない"夢"を見よう!」
~誰かがやっていることはやらない!~

  • 報告者:株式会社ヴィ・クルー 代表取締役 佐藤 全氏
  • 開催日:2019年5月22日(水)
  • 会 場:HOTEL PLUMM 横浜
  • 参加者数:132名

写真:株式会社ヴィ・クルー 代表取締役 佐藤 全氏

 横浜みなと支部総会および横浜北支部・横浜中央支部の設立総会が開催されました。
今回の総会は、数年がかりで検討・推進してきた(旧)横浜支部の3支部分割構想が実現し、新たなスタートとなる大きな節目の日でもありました。
 この晴れの日に合わせ、特別例会では宮城同友会から、前副代表理事、中同協共同求人副委員長でもある(株)ヴィ・クルー代表取締役の佐藤全氏をお招きし、貴重な経営実践報告をしていただきました。

写真:神奈川同友会 横浜支部総会 ヴィ・クルー 佐藤全氏の講演の模様

 佐藤氏が父の会社に入社した当初は、業績も社員との関係もひどい状態だったそうです。その原因を「社員が会社や仕事に夢を見ることができていないから」と考え、3年後には東北のトップに、その次の3年後には東日本トップに、と宣言し、それを次々と実現していきました。 それに伴い、社員の意識もグングン高くなっていきます。

 その後、同友会に入会し、経営指針を受講。10年ビジョンで身の丈に合わない夢を描きます。「身の丈に合わない夢を描き、その将来像と現実を比較し、足りていないものを人・もの・金・情報で分析し、それを短期・中期・長期で埋めていく。そうすると、大ボラ(身の丈に合わない夢)が中ボラになり、やがて小ボラになり、最後には実現する」と佐藤氏は語ります。そして、その通り、最初の10年ビジョンを実現してしまいました。とは言え、その過程には、父との確執が引き金となり、ヴィ・クルー社を設立するなど、壮絶なエピソードもあったそうです。現在、佐藤氏は10年ビジョンの第二ステージを突き進んでいます。

 今回の報告で、私自身は、身の丈に合わない夢を描く一方で、現状認識(周辺業界の動向など)をシッカリとすることが重要であることと、全ての問題解決のヒントは同友会にある、という言葉が特に大きな学びでした。多くの参加者が佐藤氏の報告に唸り、驚嘆し、感動し、と、非常に満足された様子でした。

 また、今回は幹事の尽力の成果で、申込者は150名を超え、ゲストも26名という驚異的な数字になりましたが、グループ討論では、多くのゲストたちも積極的に発言し、同友会に魅力にふれていただけた様子で、「横浜統括」にとって最高のスタートとなりました。

 現在、弊社では新事業の企画をしていることもあり、今回の例会を経て、新たに10年ビジョンを作りはじめました。改めて、同友会を使い倒しつつ、身の丈に合わない夢を描いてみます!

(文責:合資会社笑う門 山田浩和)

写真:神奈川同友会 横浜支部総会 ヴィ・クルー 佐藤全氏の報告の様子