テーマ:社長が変われば、社員は変わる!

  • 報告者:ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長 石渡 美奈氏
  • 開催日:2019年5月27日(月)
  • 会 場:ホテル精養軒
  • 参加者数:93名

写真:2019年5月川崎支部・たま田園支部合同総会

 川崎支部、たま田園支部合同総会後の記念講演はホッピービバレッジ株式会社の石渡美奈社長にお話しいただきました。お家騒動などの影響で業績も良くない時代に入社され役員を経て2010年に社長に就任されました。「愛される、必要とされる会社は誰がつくるのか?社員がつくる」という考えのもと、“人財”教育に力を入れています。「良い企業文化を作りたいのなら社長が社員教育の手を抜いてはいけない」と先輩経営者から言われ、時間をかけて新卒採用者を最初から育てることも実践されています。

色々な先輩経営者の言葉を素直に聞き実践される姿勢は何でも取り入れているようにも見えますが、”良い企業文化を作るため”という軸は全くブレていないと感じました。そして、ホッピーは販売から70年近く、日本では多くの人が知っている商品ではあるが安価で庶民的なブランドイメージが定着しています。そのようなイメージからニューヨークに進出をした時には現地の居酒屋などから多くの引き合いがあったそうですが全て断ったそうです。

写真:2019年5月川崎支部・たま田園支部合同総会

 “ホッピーにはまだ色々な可能性がある”とレストランやバーなどと組み日本とは違う高級感のあるポッピーブランドを目指されています。最後に石渡社長がホッピーを“この子”と呼んでおられるのには、そこに商品への愛を感じ何だか嬉しくなりました。懇親会ではホッピーが振舞われ、氷は入れずかき回さない、という正しい飲み方を初めて知りました。大変に学びの多い講演会に参加させていただきました。

 

(文責:山下合同行政書士・社会保険労務士事務所 山下耕平)

写真:ホッピービバレッジ株式会社 代表取締役社長 石渡美奈氏の報告の様子