テーマ:業界5年生存率3%の世界・・・
女性企業家が競争を生き残ってきた理由

  • 報告者:株式会社ビードッツ 代表取締役 佐々木純子氏
  • 開催日:2019年5月31日(金)
  • 会 場:横浜開港記念会館
  • 参加者数:38名

写真:株式会社ビードッツ 代表取締役 佐々木純子氏

 社員教育委員長として活躍の佐々木純子さん。専業主婦だったはずが、リサイクルショップを経てエステサロンを起業するに至るまでの経緯、御父上から場所を借りてエステサロン起業してからの紆余曲折、「予約が取れない店」と噂になったほどの人気店舗数店を手放して東戸塚店のみに集約するに至るまでの苦難、「エステは技術だけではダメ、ホスピタリティが必要だから」とオリジナルのテキストを作りスパルタともとれる愛情のこもった社員共育、厳しい横浜西口エリアへの今年度進出、今後の方針など盛りだくさんのお話を歯に衣着せぬ言葉で熱く語っていただきました。

 いつもお客様に寄り添ったぶれない経営を社員の方々と全社一丸となって取り組み、社員と喜びを共有する幸せを実感して5月はこれまでにない業績を上げられたそうです。

グループ討論では「あなたの会社や商品が必要とされ価値を高めるためにどのような努力をしていますか?」のテーマで各グループで激論が交わされました。
 私自身も佐々木さんとお話をさせていただいたことで自分自身の健康管理や経営指針取り組みに背中を押していただきました。

(文責:㈱開明製作所 代表取締役 梅田八寿子氏)

写真:2019年5月 かながわ女性経営者ネットワーク(女性部会)例会の様子