テーマ:人を育てて事業基盤を強化!!
~創造的人材を育てよう!~

  • 報告者:(株)応用ソフト開発 代表取締役 鈴木克彦氏
  • 開催日:2019年8月19日(月)15:00〜
  • 会 場:川崎市産業振興会館
  • 参加者数:32名

写真:写真:神奈川同友会 川崎支部8月例会の様子

今回は新たな取り組みで例会の開始時刻が15時からでした。
日中からの例会は珍しく普段参加され憎い方も参加されとても新鮮な例会でした。
鈴木社長は2011年に同友会に入会され2014年に経営指針作成部会を受講、経営理念を構築しましたが理念だけでは会社は良くならない、その言葉はとても印象的でした。
私も半年遅れで受講した身分ですので非常に 強く同感する部分でもありました。
経営理念の発表会を繰り返しているとメリハリも出る、また10年ビジョンなど発表する事で会社の未来が見えてくる、すると会社が良くなっていく事を実感、社員と共に繰り返し実践した結果が成果が出始めていると実感していることから、実践の重要性を強調されていました。

私の感想ですが、鈴木社長は同友会の活用がうまいと感じました。
経営指針作成部会の受講後、共同求人委員会、川崎市と共にダイバーシティーを学びさらにはファーマー系ソフト開発などに結び付けるなどロジカルに動いている事を知り得ました。

何の為に同友会に参加しているのか目的意識がしっかりされているのだろうと思います。様々な会が多くなっている中で同友会に重きを置き、その活動を自社に生かしている部分も客観的にみて参考になる内容でした。

写真:(株)応用ソフト開発 代表取締役 鈴木克彦氏

鈴木社長率いる㈱応用ソフト開発はソフトウェア開発をメインに医薬事業等に精通しているが今後は電力需給管理のシステム開発だけでは無く、官公庁の仕事なども受注していき事業範囲の拡大を狙っている。
雇用に関しては前述の通り共同求人に参加したりダイバーシティ経営も含めて人を育てて事業基盤を強化し創造的人材を育てようと計画している。

幸運の女神が逃げていく「動けない人のあいうえお」チャンスを遠ざけるあいうえお」
自分自身が発している言葉を意識したことがありますか?いま居る環境で交わされている言葉を意識したことがありますか?
此方での詳細は割愛しますが、私自身ハッとする印象的なお話でした。
本件の詳細は鈴木社長までご連絡をお待ちしております。

写真:神奈川同友会 川崎支部8月例会の様子

グループ討論の事業基盤強化の為にはではサブスクリプションがキーワードにあがり定額性の強化、安定化が事業基盤の強化につながる、どの業種業態もサブスクリプション化する事で同意があった、定額ではない仕事から定額に持っていく事で80%の売り上げアップに繋がる他社での実績も出ている。保守管理業が定額性に直結する。

定額収入に特化する事で事業基盤の強化に繋がるが、更に重要な事は内容、サービスの充実が必須でお得感を実感してもらう事が最重要だと深堀し最終合意に繋がるグループ討論でした。

(文責:横浜電子(株) 代表取締役 神田一弘)

写真:神奈川同友会 川崎支部8月懇親会の様子