テーマ:事業承継とM&Aを一度にやってしまいました
~それでわかった課題と今後の展望〜

  • 報告者:(株)カズ・マリンプロダクツ 会長 岩根一巳氏
  • 開催日:2020年1月21日(火)
  • 会 場:藤沢商工会館ミナパーク

写真:(株)カズ・マリンプロダクツ 会長 岩根一巳氏

事業拡大とM&A

中小企業経営者が関心のあるテーマは「事業拡大」「組織の構築運営」「人材育成」など多岐にわたりますが、少子高齢化の進展とともに、最近とみにクローズアップされているのが「事業承継」とその手段のひとつとなりうる「M&A 」です。
(株)カズ・マリンプロダクツ 岩根会長は8~9年程度の時間をかけて、両方をほぼ同時期に実行されました。
その経緯と取り組んだこと、そして成功するためのポイントを具体的にお話いただきました。

写真:2020年1月 神奈川同友会 湘南支部例会の模様

事業承継においては、家族一人一人とのコミュニケーションの大切さと従業員や取引先との環境整備といった地道な取り組みが必要なこと、M&Aにおいては、OneTeamになるため相手先企業と情報の共有と同じ絵を描けるかどうかが最も重要で有り、専門知識が豊富な仲介業者選びが大切であることを強調されていました。

小職は個人事業主で有り、事業承継やM&Aは今すぐ取り組むべきテーマではありませんが、岩根会長が指摘されたポイントはどれも日頃の経営に不可欠なことばかりであり、あらためて経営者としての基本が大切で有り、奇策や魔法があるわけではないことを知りました。

どうやって経営をするのか(HOW)ではなく、なぜ経営をするのか(WHY)の原点を突き詰めていくことが事業承継やM&Aには不可欠であることを教えていただきました。

写真:2020年1月 神奈川同友会 湘南支部例会の模様

また、会長は、この事業承継とM&Aを実行するに当たり、多くの同友会メンバーのアドバイスや知恵に助けられたとのことであり同友会という組織には多士済々な方が多く在籍されていることを知り認識を新たにしました。

例会には、現社長の岩根一樹様も参加され「本日の父の話は、事業を譲り渡す立場からのものです。事業を譲り受ける側がどのように考え、思っていたかは、また別の見え方があります。」とコメントされました。
是非、例会で事業を譲り受ける側としてのお話を聞かせていただきたいと思いました。

(文責:ねもと社会保険労務士・行政書士事務所 根本隆)