横浜・川崎・横須賀・小田原・厚木・湘南など神奈川県各地での異業種交流会です。経営の勉強を行い、社員とともに発展する会社を創ります
神奈川県中小企業家同友会
10:00〜18:00(月〜金)

株式会社Three Peace(スリーピース)代表取締役 坂本 将平氏

Three Peace(スリーピース)は三方良し

家族、社員、社会の皆様の笑顔をつくるため成長を続けていきます

株式会社Three Peace(スリーピース)代表取締役 坂本 将平氏

アスベスト調査・除去のThree Peace(スリーピース)

株式会社Three Peace(スリーピース)はアスベスト※1除去工事および調査をメインに行う会社です。会社を設立した当初は私も現場で防護服を着てアスベスト除去作業を行いましたが、今はコンサルティングと管理監督業務も行うようになりました。お客様にアスベスト等に関する各種法律ご説明をしたり、作業計画を作成(たった1日の現場でも100ページ程の計画書が必要なんです)したりと忙しい毎日を送っています。

アスベスト※1 天然にできた鉱物繊維で「せきめん」「いしわた」とも呼ばれている。丈夫で変化しにくいという特性から建材、断熱材など様々な工業製品に使用されてきたが、発がん性が問題となった現在では原則として製造・使用等が禁止されている。

なぜアスベスト?

私がアスベスト除去を専門に行うようになったきっかけは22歳から始めたとび職にあります。高収入目当てにアルバイトから気楽に始めたとび職ですが、社長の男気に惚れてのめり込むようになりました。しかし数年後、60mの高所から落ちて大怪我を負います。しばらく仕事はできないと落ち込んでいる私に「現場監督をやらないか?」と社長が声をかけてくれました。実際にやってみると思いのほか管理監督業務が自分に向いていることが分かったのです。とび職人として技術力を発揮するよりも、作業計画や在庫管理、上請けさんや職人とのコミュニケーション、営業トーク等の方が周囲から高評価を得ることができました。そのうち会社がアスベスト除去に着手することになり、管理監督を任された私は作業主任者の資格を取得し、現場の統括としてアスベスト除去の案件を手がけるようになりました。

株式会社Three Peace(スリーピース)代表取締役 坂本 将平氏

社員は泣いてないか?

前職の建設会社を退職し、株式会社Three Peace(スリーピース)を立ち上げたのは30歳になる手前です。設立当初は「自分なら上手く会社を回していける」という根拠の無い自信がありました。「社員や取引先が笑顔でいてほしい」という想いで仕事をひたすら頑張り、夜中まで熱い会議を仲間とともに続けていました。おかげで業績は好調。取引先からも贔屓にしていただきました。しかし、3期目で大きな逆境を経験することになります。

原因は私が経営者として長期的な視野を持てないことにありました。お客様に喜んでほしいと思いすぎたあまり、採算度外視で何でも引き受ける癖がつき、3期目にして大きな赤字に転落してしまったのです。先輩経営者からの言葉は今でも鮮明に覚えています。「俺の会社は数字に関しては社員に厳しくしているけど、決算の時にはみんな笑っているよ。坂本は『幸せ』って言葉をよく使うけど、社員たちはみんな泣いてないか?」

瞬間を笑顔にするのではなく、継続的に幸せにできなければ意味が無い。自分のやってきたことは間違いだったかもしれないと悩みに悩みました。そんな苦しい状況を変えてくれたのが、協力会社から招いた常務でした。経験豊富で経営手腕のある常務に利益を生む体質を厳しく指導していただいたことで徐々に黒字転換していくことができたのです。しかし、業績と反比例して私の経営者としての自己概念はどんどん下がってしまいました。

経営者としての自分を見失った日々

常務のおかげで経営は改善したものの、「株式会社Three Peace(スリーピース)が自分の会社じゃなくなってしまった」という喪失感が私を襲いました。経営者としての実力不足からリーダーシップを発揮できず、方向性も示すことができない。自信を失い、「別に建設業界ってそれほど好きじゃなかったかも」とまで思うようになってしまったのです。

そんなある日、社員の1人が「独立を考えている」と切り出しました。彼は私の同級生で、会社を設立して半年からずっと支えてくれた大事な友人でした。自分の求心力が低下したせいで人が離れてしまう。ショックを感じる一方で、「これは本当に変えないとだめだ」とスイッチが入りました。折よく常務が協力会社に戻る時期が来ていたので、思い切って今までの葛藤や正直な想いを告白しました。涙ながらに日頃の感謝や「自分の会社として再スタートしたいんだ」と伝えると、常務も「Three Peace(スリーピース)を盛り立てたいという気持ちと、坂本を経営者として一人前にしてやりたい想いが強かったけど、自分もやり方を間違えていたかもしれない」と言ってくれました。

Three Peace(スリーピース)が提供できる価値とは

この出来事をきっかけに、会社の方向性を徐々に改めていきました。アスベスト除去工事の作業部分の他に、コンサルティングや管理監督も強化し、理念に基づいた求人を行うようになったのです。改革のおかげで、現在は4期連続黒字を達成できました。やっと事業を立て直し、会社の仕組みが整ってきたところなので、今はこの新しいThree Peace(スリーピース)が世の中に対してどんな価値を生み出せるか試行錯誤している最中です。

最近は、民間企業のアスベスト除去がピークを迎えているので、今後10年でアスベストの除去は需要が減少していくと言われています。Three Peace(スリーピース)では作業を外注したり、早めにアスベスト除去から汚染処理に手を広げていたりしたおかげで、会社を継続する見込みがたっています。会社経営をしていく以上、今後も何かしらの困難に直面すると思いますが、過去の経験が自分を支えてくれています。諦めないで現状を打開しようという気持ちがあれば解決策が浮かんできたり、思いもよらないタイミングで助けてくださる方が現れました。今後も家族、社員やお客様、社会が笑顔になれる状態、まさに社名の「Three Peace(スリーピース)(三方良し)」を目指して成長を続けたいと思います。

株式会社Three Peace(スリーピース)代表取締役 坂本 将平氏

お話を伺って・・・

とび職人から技術を磨いて親方になり、管理監督を任され実力を発揮、職長として職人たちをまとめあげ、経営者として会社をマネジメントしていく。何でもオールマイティーにこなせる坂本様だからこそ、「事業領域の選択と集中は特に迷った」ようでした。結果として、自分やThree Peace(スリーピース)が得意なこと、最も貢献できることである”コンサルティング”に的を絞ったことで成功を収めた坂本様。現在に至るまで様々な困難をご経験されたようですが、打開の鍵は「素直な心」。せっかく助言をもらっても「そうは言っても、うちの会社はこうだから」等アレコレ言い訳をしては何も改善しません。先輩経営者や同僚、お客様といった周囲の方の意見を受け入れ実践していく素直さが坂本様の強さであり、周囲の方から頼られ、慕われる理由でもあるのだろうなと感じたインタビューでした。今後、溢れるバイタリティを以て、どんな事業を発展させていくのか大変楽しみになる魅力的な方でした。

企業情報

株式会社Three Peace(スリーピース)
所在地:川崎市川崎区浅野町2-1
TEL:044-223-7560
URL:http://three-peace.jp/