株式会社ビードッツ 佐々木純子氏

おもいやりとやさしさで寄り添い
笑顔と心の潤いを惹きだし
美しく元気な明日を創ります

心から元気に綺麗になるエステティックサロン

1999年に設立して以来、株式会社ビードッツではエステティックサロンとスクールの経営を行っています。

「おもいやりとやさしさで寄り添い 笑顔と心の潤いを惹きだし美しく元気な明日を創ります」という経営理念の通り、単に姿かたちを整えるのではなく、心からリラックスをして元気に若々しく綺麗にするエステでお客様の未来をより豊かにすることを目的としています。

現在では横浜の東戸塚と上野にサロンを展開し、新卒採用も積極的に行っているビードッツですが、その前身はわずか5坪のお店です。

カラダ本来の力を利用して綺麗に

そもそも私が美容の世界に興味を持ったきっかけは、自身や身内の体調不良でした。私は冷えからくる頭痛や肩こり、ひどい腰痛や疲労に悩まされており、母はストレスで帯状疱疹が出てしまった時期があったのです。病気ではない状態の症状をできるだけ薬や湿布を使用せずに改善する方法を模索していたときに、アロマセラピーに出会いました。

症状に効果のあるとされるアロマを調合すると、実際に改善していくことから、どんどん勉強を深めていきました。そして陰陽五行やマクロビオティックなどを学ぶなかで、温めたり経絡やツボを刺激する独自のマッサージ法を編み出していったのです。おかげで長い間苦しんできた症状も無くなり、得た知識や技術を自分以外の方に活用しても良いと思えるほどになってきました。

ちょうど実家のスペースを借りて雑貨屋と講師を招いてのお教室を営んでいたこともあり、その傍らでフェイシャルとボディのマッサージを始めました。するとどんどんお客様が増えていき、雑貨屋よりも人が集まるようになったのです。

その後、兄の助言から駅前に店舗を引っ越したのですが、そこはたった5坪のお店。ベッドを2台置くだけでいっぱいです。それでもお客様は減らないどころか、一度ご来店いただくと高確率でリピーターに。どんどん変わっていくお客様の状態や笑顔が嬉しいものですから、休みなく施術をして、アルバイトも採用し楽しくお店を運営していました。

ですが増え続けるお客様を思うと移転した方が良いとなり、5年ほど続けてから、東戸塚の更に駅近くに引っ越すことになりました。新店舗でのお客様のセリフが忘れられません。「良かったね~まっすぐ立てる~!」です(笑)以前の店舗は、お着替えをしていただくスペースの天井が低く、かがまないと着替えができないぐらいの店舗だったのです(笑)

株式会社ビードッツ 佐々木純子氏

人が喜んでくれることが仕事

そうして現在の東戸塚駅近くのサロンをオープンしたわけですが、振り返ると「人」の大切さが身にしみた10年でした。

それこそ自分一人で切り盛りしていた頃は「技術や商品の質が高ければ絶対にお客様から支持される」と思っていました。ですが、社員を採用してみんなでサロンを運営するようになると、本当に大切なのは技術はもちろんですがそれよりもっと大切なのは「人」なのだと気づいたのです。

「施術をするからお代をいただく」というだけの心ではお客様には満足はしていただけません。「お客様に喜んでいただく」のにはどうしたらいいのかをみんなで考えるようになりました。

お客様を知ろうとせず、「私の技術や接客は素晴らしい」と思っている社員からは自然と人が離れてしまいます。だれかに大切にされたいと思う心はみんなが持っています。ではその前に、自分が誰かを大切にすればいいことだと思います。
様々な人と接する中で、一番大切なのは「人」です。ですから私が重視しているのは「共育」です。

株式会社ビードッツ 佐々木純子氏

「心を磨く」ということ

共育はノウハウやスキルを教えることではなく、心を磨き共に育つことだと思っています。人は一人ではなかなか成長しないものです。「誰かがいるからがんばれる、誰かのためだから」と思うことがとても大事だと思います。そんな人はどんどん喜んでもらうことができると思います。
「自分だけが良ければ良い」から脱却すること。やはり社員が心から素敵な人にならないとお客様に喜んでいただけるサロンにはなりません。

偉そうに言っている私も、お客様や社員から多くを学びました。もし今も1人でやっていたとしたら、「私の技術ってすごいのよ」と偉そうで、だけどいつも疲れて、寂しい経営者になっていたんじゃないでしょうか。ですから私に関わってくれる人たちには本当に感謝しています。

今後も、地域に密着したエステサロンを続けていきたいですね。エステなどで外見を綺麗にすることは、「自分を大切にすること」だと思います。自分に手をかける時間を持ち、心身共にきれいに元気になることで、心から充実した毎日を過ごしていただきたい。
いくつになっても女性は綺麗になれるので(男性もなれますよ笑)、私自身も成長を続けていきたいです。

株式会社ビードッツ 佐々木純子氏

お話を伺って・・・

お肌の張りがインタビュー中に気になってしまうほど、綺麗で華やかな雰囲気の佐々木様。「人生は心を磨くこと」だと教えてくれたのはお父様だそうです。見返りを求めず周囲の方の力になっていたお父様を見るうちに、佐々木様自身も自然と誰かのために行動できる素敵な方になっていったのかもしれません。
サロンの採用面接で見るのは「顔」。やはり内側は顔ににじみ出てくるそうで、「人って顔の通りなんだな」と実感するそうです。ちゃんと自分に手をかける時間を持とう、と反省したインタビューでした(笑)


株式会社ビードッツ
http://www.r-h-b.jp/